余市町の四季

                余市町は、北海道の中でも比較的温暖な気候に恵まれた町として知られています。
                年間の平均気温は8.1℃(平成24年)、平成24年中の年間を通じての最高気温は32.0℃(9月)、
              最低気温は−16.0℃(1月)となっています。
                平均気温は7、8月とも20℃前後、厳冬期の1、2月が−4℃前後で、真冬でも平均気温が−10℃
              以下になる日はほとんどありません。

                   
拡大する    拡大する
夏のローソク岩と漁火
(写真提供:丹野光雄氏)
   余市のランドマーク、冬のシリパ
(写真提供:吉田良三氏)
 
 春には、桜、果樹園のりんごや梨が一斉に開花し、頂上に残雪を抱く周辺の山々の緑を背景に絵のような眺めになります。
拡大する 拡大する 拡大する
モイレ山から余市川を望む。
写真提供:三浦清治氏)
(余市川右岸の桜堤。
写真提供:中村利美氏)
(満開のりんご。
写真提供:平  栄氏)
 夏には、さくらんぼの収穫、余市川鮎釣りの解禁から始まります。入道雲、ポプラ、川面に反射する日差し…懐かしい思い出の夏。
拡大する 拡大する 拡大する
(さくらんぼう。
写真提供:西岡武夫氏)
(成長するワイン用ブドウ。
写真提供:田崎孝子氏)
(清流、余市川。
写真提供 大塚秀雄氏)
 秋には、サケの溯上に始まり、りんごやブドウを始めとする様々な果樹が豊かな稔りをもたらします。
拡大する 拡大する 拡大する
(あかね。写真提供:田崎正伸氏) (よいち町ジャンプ台とりんご畑。
写真提供:金子勝彦氏)
(しりぱ遠景。写真提供:森政吉氏)
 冬には、北海道の中では温暖な気候で知られていますが、それでもシベリア寒気の影響で気温は氷点下、辺り一面の雪世界の到来です
拡大する 拡大する 拡大する
(峠からの余市。
写真提供:細川和徳氏)
(ニッカ工場
写真提供:湯浅剛一氏)
(ぶどう畑。
写真提供:後藤孝博氏)