余市町の紹介
  余市町は、北海道の西部、積丹(しゃこたん)半島の東の付け根に位置する、人口約20,000人の町です。
  町の北側は日本海に面し、他の三方はゆるやかな丘陵地に囲まれています。町内には縄文から続縄文時代の遺跡が数多く見られ、古くから人が定住していたことが知られています。

余市町の行政面積は140.59kuです。これは東京都区部の世田谷区、大田区、品川区を合わせた面積に相当します。このうち、山林面積が93.50ku (約66%)、畑地が21.13ku (約15%)などとなっており、豊かな緑に囲まれた平坦地に広がる宅地4.83kuに市街地が形成されています。
シリパ岬 夫婦岩
 
交 通

 余市町は、千歳空港から高速道路を利用して約2時間。隣の小樽市までは車で約30分、札幌市までは1時間少々、また積丹半島と倶知安方面への国道の分岐点に当たる交通の要衝
に位置しています。




















産 業

 余市町は、ニシン漁により発展し町の基礎を築いてきましたが、ニシンは昭和29年の漁を最後に余市湾への回遊が途絶え、今では「幻の魚」となってしまいました。現在は、ニシンに代わって、「えび」、「いか」、「かれい」漁などが盛んに行われ、また北限の鮎の生息地でもあります。
 一方、果樹の栽培が明治初期から試みられた結果、リンゴ、ブドウ,梨などの生産では全道一を誇っています。
 また、余市には、豊富な山海の幸を利用した食品加工業の歴史があります。
 身欠きニシンや燻製など各種の水産加工製品、そしてワインやウィスキーの醸造業も盛んです。

文化財

 余市町は温暖な気候で知られ、古くから人が定住し、多くの人々の往来が盛んな地域であったため、各種の遺跡や文化財に恵まれた歴史の宝庫です。岩面刻画で有名なフゴッペ洞窟旧下ヨイチ運上家旧余市福原漁場大谷地貝塚(未公開)の4件が国指定の史跡や重要文化財に指定されている他、ニシン漁の歴史を物語る水産博物館や縄文時代の墓であると言われている西崎山環状列石(ストーンサークル)などがあります。

余市の人

 余市町出身の有名人は、どういう理由か空を飛ぶことに関係があります。
 昭和47年に札幌で開催された冬季オリンピックのジャンプ金メダリストの笠谷幸生選手は余市高校出身です。平成10年の長野オリンピックのジャンプで大活躍した斉藤、船木の両選手も余市出身です。そして、平成4年、12年の2度にわたりスペースシャトルに搭乗し様々な科学実験を行った毛利衛さんも余市町出身です。

余市の自然・気候

札幌方向から町境のトンネルを抜けて余市へ一歩足を踏み入れた瞬間、シリパ岬の特徴ある光景が目の前に展開します。シリパは300m程の高さの断崖ですが、余市の町を守る防波堤のように日本海に突出しています。シリパは余市のランドマークとして余市を代表する光景の一つです。そして、シリパ岬から積丹へと続く海岸線にはえびす岩、大黒岩ローソク岩などの奇岩が連続して現れ、ニセコ積丹小樽海岸国定公園の一部をなしています。
 余市は北海道の中でも指折りの温暖な気候で知られています。冬に積もった雪は、4月に入ると急速に融けて消えてしまいます。周辺の山々には残雪がありますが、5月に入ると桜が咲き、次いでリンゴや梨の白い花が一斉に開花します。6月からは気温が上昇し始め、日中は半袖で過ごすことができるようになります。夏には30度を超える日もありますが、平均気温では7月、8月で20度前後と過ごしやすい気温です。9月に入ると、空が澄み渡って秋の様相を深めてゆき、11月に入ると雨が多くなり後半には雪がちらつくこともあります。冬は12月から本格的になり、雪も後半から根雪として3月まで続きます。積雪量は道内では比較的多いほうです。寒気が一番厳しく感じられる1月の平均気温は−4.0度、2月は−3.5度ですが、最低気温が−10度を下回ることはめったにありません。

  
メール kikaku-s@town.yoichi.hokkaido.jp