戸籍・住民票の届出や請求には、「本人確認」必要です。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
 本人なりすましによる虚偽の届出を防止し、あわせて個人情報を保護するため、平成20年5月1日より窓口に来られた方の本人確認が法律上のルールになりました。
「戸籍・住民票等の請求」「戸籍・住所変更の届出」等の際には、本人確認書類(身分証明書)の提示につきましてご協力をお願いします。
確認対象となる方
役場窓口で届出や交付申請をされる方(代理の方も確認の対象となります)。
対象となる届出や交付請求
○戸籍、住民登録に関する届出
○戸籍の謄・抄本、住民票の写し、戸籍の附票などの交付請求
本人確認の方法
○官公署の発行する写真が貼付された証明書
  運転免許証、住民基本台帳カード、身体障害者手帳 など
○その他
  健康保険証、年金手帳(証書)、学生証 など本人名義のもの
※ 適当と認められない書類やカード類もありますので、出来るだけ写真付きのものをお持ち下さい。
郵送の場合の確認
○郵送で戸籍謄・抄本、各種証明書等を請求の場合は、上記の本人確認書類(現住所・氏名・生年月日がわかるもの)の写しの添付が必要となります。
その他
本人確認のほか、申請資格の確認も厳格になったため、続柄や使用目的、必要な理由を記入していただき、
 委任状の提出を求める場合もございますのでご協力をお願いします。
○戸籍住民係では住民基本台帳カード(有料:1枚500円)の作成も行っております。
 町内に住所を有する方であればどなたでも作ることができますので印鑑を持参の上、申請して下さい。
 (写真の撮影は無料です。)
※この記事に関するお問い合わせは、民生部町民福祉課戸籍住民グループ 電話 0135(21)2120
法務省のホームページ  こちらから