ホームワイン情報 > 余市町のワインの歴史
 
 年  代   で  き  ご  と 
 1875(明治  8)年 
 北海道開拓使から、りんご、ぶどう(生食用)、梨、スモモの
 苗木(800本)が配布される。
 1877(明治10)年   ぶどうが結実する。
 1920(大正  9)年 
 大浜中にぶどう(生食用)を植栽し、良質で良食味の栽培に
 成功する。
 1934(昭和  9)年 
 大日本果汁株式会社 北海道原酒工場(現 ニッカウヰスキー
 余市蒸留所)が設立される。
 1938(昭和13)年   ニッカウヰスキー、アップルワインを発売する。
 1973(昭和48)年 
 道立中央農業試験場(長沼町)が、富良野市、仁木町でドイツ
 10品種、オーストリア9品種他のワインぶどうの試験栽培を
 開始する。
 1974(昭和49)年   日本清酒株式会社の「余市ワイン」が設立される。
 1981(昭和56)年 
 北海道の優良品種が決定される。
    (ミュラートゥルガウ、ツヴァイゲルト・レーベ、
     セイベル13053、セイベル5279)
 1983(昭和58)年 
 サッポロワイン及びはこだてわいんが、町内の生産者とワイン
 ぶどうの試験栽培を開始する。
 1984(昭和59)年 
 サッポロワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を
 締結する。

 町内で本格的なワインぶどうの栽培が始まる。
 1985(昭和60)年 
 余市ワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締結
 する。

 北海道ワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を締
 結する。

 はこだてわいんが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を
 を締結する。

 ニッカウヰスキーが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約
 を締結する。
 1996(平成  8)年 
 グレイスワインが、町内の生産者とワインぶどうの栽培契約を
 締結する。
 2002(平成14)年 
 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所が、町内の生産者とワインぶど
 うの栽培契約を締結する。
 2010(平成22)年   ドメーヌ・タカヒコ(ワイン醸造所)がオープンする。
 2011(平成23)年 
 余市町が、「北のフルーツ王国よいちワイン特区」に認定さ
 れる。
 2013(平成25)年 
 リタファーム&ワイナリーがオープンする。
 株式会社 OcciGabiワイナリーがオープンする。
 2014(平成26)年 
 登醸造がオープンする。