余市町では「6次産業化」を推進しています。
   北海道初となる“ワイン特区”認定をはじめ、余市産の農作物
 や水産物、またこれらを原材料とした加工品の開発・PR活動な
 ど、さまざまな取り組みを行っています。
   ここでは、その具体的な取り組みについてご紹介いたします。
     

 ワイン関係
 農水産物の加工
 特産品のPR
 関連事業
 講演会・セミナーなどの開催
 庁内の動きなど
 その他
 6次産業化に 
 よる開発商品 
 のご紹介 
   
   
  「6次産業化(ろくじさんぎょうか)」とは、今村奈良臣・東京大学名誉教授が提唱した造語です。
  農山漁村は、有形無形の豊富で様々な
「地域資源」(農林水産物、バイオマス、自然エネルギー、風景・伝統文化など)に溢れています。
  「6次産業化」とは、それらの地域資源を有効に活用し、農林漁業者
〔1次産業従事者〕が、これまでの原材料供給者としてだけではなく、その生産物を自ら製品に加工〔2次産業〕し、流通・販売・サービス〔3次産業〕を行う「経営の多角化」のことです。
  この取り組みを進めることにより、農山漁村における雇用確保や所得の向上を図り、地域の活性化につながることが期待されています。

  余市町では、豊富で良質な農水産物を活かし、それぞれの分野の事業者が連携して、産業・地域の活性化を図るため、この6次産業化に取り組んでいます。
   1 × 2 × 3 = 6
  (1次産業)   (2次産業)   (3次産業)      
      「1」「2」「3」は、足し算でも「6」になりますが、1次産業、2次産業、3次産業のどれか1つが欠けても成り立たない(ゼロになる)という意味で、掛け算だといわれています。各分野の事業者が連携して初めて、6次産業化としての本質が発揮されます。

 
  6次産業化に関する全般的なお問合せは・・・
   農林水産課 産業推進連携係 TEL:0135−21−2123