建設工事の入札における工事費内訳書の提出について
 
 『公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律』が改正され、入札金額が適正に積算されているかなどを確認するため、平成27年4月から、すべての公共工事の入札の際に、入札書と併せて工事費内訳書の提出が必要となります。
余市町では、平成27年4月1日以降に執行する建設工事の入札の際の工事費内訳書の提出について、次のとおり取扱います。
 
1、 工事費内訳書の様式について
   下記からダウンロードできるほか、余市町総務部財政課窓口(余市町役場2階)にて配布します。
  工事費内訳書(ワード)(PDF)
  工事費内訳書記載例(PDF)
 
2、 工事費内訳書の提出方法について
   入札書を提出する際に、入札書と同一の封筒に入れてください。
 
3、 無効入札について
   工事費内訳書に記名押印がない場合や、入札金額と工事費内訳書の合計金額が一致しない場合は、無効入札とします。
 
4、その他
   再度入札(1回目の開札の結果、落札に至らなかった場合に行う2回目以降の入札)の際には、工事費内訳書は提出不要とします。
 
○問い合わせ先
余市町総務部財政課契約管財係
電話:(0135)21−2114