小児用 肺炎球菌予防ワクチンの
切り替えについて(お知らせ)

        平成25年11月1日から、小児の肺炎球菌感染症 予防接種のワクチンが
      7価から13価に切り替わります(※)。                               
        現在使用されているワクチンは、11月1日以降、定期予防接種としては
      使用できなくなりますが、接種に関しては、これまで通りのスケジュールで
      接種してください。                                                  
               (※)予防接種実施規則の一部改正により、現在使用されている小児用 肺炎球菌感染症
                      予防接種ワクチンが、沈降7価 肺炎球菌結合型ワクチン(7価ワクチン)から沈降13
                      価 肺炎球菌結合型ワクチン(13価ワクチン)に切り替わります。
 
   ◇13価ワクチンの接種スケジュール◇
     対象者:生後2か月〜60か月に至るまでの方。ただし、接種開始月齢によって接種回数、
             接種間隔が以下のとおり異なります。
 
    (1)生後2か月〜7か月齢未満(標準スケジュール)で初回接種を行う場合
 
 
    (2)生後7か月〜12か月齢未満で初回接種を行う場合
 
 
    (3)生後12か月〜24か月齢未満で初回接種を行う場合
 
 
    (4)生後24か月〜60か月に至るまでで初回接種を行う場合
 
 
   ◎すでに7価ワクチンで接種を開始している場合はどうすればいいの?
       11月1日以降、定期接種として使用できるのは13価ワクチンのみです。
        両ワクチンの接種スケジュールは同じですので、残りの接種回数を、スケジュールどおり
      13価ワクチンで実施して下さい。
       ※11月1日以前には、定期接種として13価ワクチンを用いることはできません
         ので、ご注意下さい。
 
   ◎13価ワクチンの導入まで接種を延ばすのは、やめましょう!!
        小児の肺炎球菌感染症は、特に乳幼児期に重症化することが多い病気です。
        ワクチンの接種を遅らせたり、途中で中断したりしてしまうと、十分な予防効果を発揮
      できずに肺炎球菌感染症を発症してしまう可能性があります。
        そのため、原則として11月1日の13価ワクチンの導入を待つことはお勧めでき
      ません。
        ※なお、下記の2つの条件を全て満たしている場合については、予防効果を維持できる
          ことが示されているため、13価ワクチンの導入を待つことも選択肢として考えられ
          ます。
              (1) 平成24年5月1日以降に生まれた方
             (2) 生後2か月から7か月に至るまでの間に接種を開始し、7価ワクチンによる
                   3回の初回接種を終了している方
 
   関連リンク(厚生労働省ホームページ)
               小児用肺炎球菌ワクチンの切替えに関するQ&A  

 
   ☆お問い合わせ☆
    保健課 保健指導グループ  TEL:21−2122