永住にふさわしい街 

汐風と果実の香りただよう街

 どこまでも蒼い海から汐風にはこばれる香りと、大地と太陽に育まれて実った果実とその甘い香り。

 この香りただよう街で、住まいの夢をふくまらせることができます。
 美しい海、山、川をはじめ豊かな自然環境に恵まれた余市・「余市まほろばの郷」は、580世帯、1,200人余のあたらしいふるさとになるでしょう。

  余市町は豊かな自然と恵まれた気候風土のもと、農業と漁業を中心に栄えてきました。特に、果樹産地としては道内最大。フルーツの里として知られています。観光果樹園を訪れる観光客も多く、ブドウ、りんご、さくらんぼ、なし、プルーンといった果物の甘い香りに街全体がつつみこまれます。
  この街の黒川地区に、開発面積56ha、580戸、1,200人余の人々が暮らすことができる 土地区画整理(大規模分譲宅地造成)事業 が完成しました。黒川地区は、余市町の中心地に隣接する、暮らしにたいへん便利な場所です。
  余市町では、将来に向けて希望と活力に満ちあふれたまちづくりをめざしていますが、そのめざす方向に軌を同じくして、『余市まほろばの郷』は快適に暮らす方々にふさわしい街となっています。



 株式会社 まほろば宅地管理公社
 ホームページへ